sakiの朝活記録

快適な朝時間への近道は、夜時間にあり

夜時間
夜時間

 

こんにちは!朝活トライ中、sakiです。

 

前回は、早起きを継続するための工夫について書かせていただきました。

 

よし、じゃあ明日から実践してみよう!
朝起きるのを頑張るだけだ!

 

しかし、そう簡単には行きません……

 

朝になると、昨晩の自分はどこへやら

「寒いし眠いし、早起きは明日から頑張ろう」
「今日は後少しだけ…5分だけ寝ちゃおう…」

 

そして、いつもと変わらない朝を迎える…
自己嫌悪…
やっぱり私に早起きなんて無理かもしれない…

 

そんな経験のある方、いらっしゃるのではないでしょうか。

 

過去の私もその一人です。。

 

なぜ、気合を入れたのに朝起きられないのか?

 

突然ですが
夜を制するものは朝を制す
と言っても過言ではないと思います(笑)。

 

朝起きられない原因、それは夜の過ごし方にあるかもしれません。


夜時間も一緒に見直して、まるっと快適な1日にしちゃいましょう!

(1)早く寝る

当たり前のことですが、やっぱり早く寝たほうがいいです(笑)。

でも私は寝すぎると起きられないタイプなので
6時間睡眠を目安にしています。

 

寝すぎると起きられないタイプというのも、
何度も実験して分かったことなんです。

 

個人差があると思うので、是非色々な睡眠時間を試してみてください^^

(2)夜ごはんは、寝る3時間前までには食べ終える

これもよく聞くことだと思うのですが…

 

私が感じる理由はふたつあります。

・胃が興奮していると、寝つきが悪くなりがち
・朝起きた時に体が重い

 

付き合いがある日は仕方ないですが、
ダイエットの意味も込めて出来るだけ早く食べるようにしています。

 

夫の帰りが遅くなりそうだったら、割り切って先に食べちゃう!(ごめん!)
夫が飲み会の日は、いっそのこと会社で食べちゃう!

 

これだけで、朝感じる体の軽さが違いますよ。

 

(3)夜ごはんは物足りないくらいで終える

これは私自身にかなり効果がある早起きのポイントで……

 

夜ごはんは腹6分目くらいにしておいて、朝ごはんに自分がときめくものを準備しておきます。
あとは、行きたかったカフェに行く予定を立てたり。

 

朝ヨガを受ける日は基本何も食べずに行くので、
「ヨガを受けた後にあのカフェに行こう」と、朝の楽しい予定を考えながら寝ます。

 

前のブログで書いた方法とも繋がっています^^

(4)朝、やることを決めておく

これをイメージしておくだけで、起きてから迷わず行動できます!

私は、分刻みで予定を決めておきます。

 

基本は毎朝ヨガへ行くので、ヨガのレッスン開始時間を基準に、
家を出る時間、身支度の時間、起きる時間…と逆算していきます。

 

その流れで、明日のコーディネート、持ち物も決めて準備しておきます。
ヨガウェア、コスメ(私はコーデに合わせてリップの色を変えるので、ポーチを入れ替えておく)……

 

こちらも前回のブログで書いたのですが、
ヨガなどのレッスンを予約してしまうのはおすすめです(笑)。

私も、そういう強制力があったから継続できているので^^

***

その他、細かく実践していることは

・冬なら、暖房をタイマーでかける
・目覚ましを遠くに置く(笑)

こういったところでしょうか。

 

夜に準備して気持ちを高めておくことで、朝活継続が近づくと思います!

 

是非参考にしていただけたら嬉しいです^^

 

ほぼ毎日instagramで朝活記録をアップしています。
よろしければinstagramのフォローもしていただけたら嬉しいです♪
朝活トライ中!代官山OL saki

saki(29)東京都在住。 2017年夏から本格的に朝活をスタート! ほぼ毎日、instagramで朝活postを更新中。

夜時間
                       

同じカテゴリーの記事5件