sakiの朝活記録

早起きの習慣が身につく!2つのポイント

早起きのコツ

 

こんにちは!朝活トライ中、sakiです。

今回は、私が早起き継続のために試行錯誤した内容の一部をご紹介します!

 

毎日早起きするって本当に大変ですよね……

もうとにかく私は寝ることが好きで、というか、気づいたら寝ているんですよね。。

映画も割と寝てしまうし、待ち時間も移動時間も気づいたら寝てしまうし、、
この間なんて、母から「横にすると目が閉じるお人形みたい」と言われました(笑)。。
そのくらい寝るイメージ強いんです。。

 

旅行や仕事なら起きられるんですが
普通の日に、必要以上に早く起きるって辛い。。

早く起きられたら、やりたいことが色々あるのに……

 

じゃあ、どうして仕事や旅行なら起きられるのか?と考えてみたことがあります。

 

旅行は…「起きたら楽しいことがいっぱい待っているから」、ですよね。
仕事は…極論、「遅刻したら減給になって自分が損をするから」でしょうか(笑)

 

これを早起きに応用して使えないかと。

(1)「旅行」の例より→朝、楽しいことを準備しておく!

 

例えば私だったら…

夜ご飯を腹6〜7分目くらいに我慢しておいて、朝食に好きなものを用意しておく。
週末買ったばかりの服をおろす。
新作の化粧品を使ってみる。
読みたい本を買っておく。

 

(2)「仕事」の例より→サボったら自分が損をする予定を入れておく!

 

例えば私だったら…

朝食を作っておく。(無駄になる)
ヨガのレッスンを予約しておく。(キャンセル料が発生する)
友だちと約束しておく。(友情に関わる…!)

 

この二つの考え方を取り入れて実践したら、徐々に早起きの習慣が身についたんです。
私は貧乏性なので、(2)がすごーく効きます(笑)。

 

経験上、2週間くらい頑張って起き続けられれば
早起きに体が慣れてくると思います。

 

あとは、ベッドの中で「眠い〜」とうなだれている朝でも、
思い切って立ち上がって声とか出してしまうと意外とスッキリ起きられたり。

そういった
「意外と起きられるんだな」という驚きだったり、
早朝の澄んだ空気だったり、
ヨガで体が伸びる感覚だったり、
カフェのおしゃれな朝食だったり…

 

心地いい体験を重ねていくと、
睡眠よりも朝時間を優先したい!という気持ちが湧いてくると思います!

(寝ること大好きな私が言うからそうだと思います!)

 

他にも細かいことを色々実践したので、またご紹介します^^

 

ほぼ毎日instagramで朝活記録をアップしています。
よろしければinstagramのフォローもしていただけたら嬉しいです♪
朝活トライ中!代官山OL saki

saki(29)東京都在住。 2017年夏から本格的に朝活をスタート! ほぼ毎日、instagramで朝活postを更新中。

早起きのコツ